グアム政府観光局
2016/09/16 Fri
グアムの代表的な沈船ポイント
「アメリカンタンカー」でレックダイビングを楽しもう!
海底に沈んだ船や飛行機などを潜ることをレックダイビング(Wreck Diving)といいますが、ここグアムのアメリカンタンカー(American Tanker)はアプラ湾内でとても人気のある沈船ポイントです。レックダイビングというと専門のトレーニングもあるくらいなので、身構えてしまう方もいると思いますが、アメリカンタンカーは湾内のポイントのため潮流も少なく初心者でも潜りやすいダイビングポイントとなっています。この沈船は第二次世界大戦終盤に造られた巨大な砂利運搬船で、海底に斜めに傾いて沈んでおり水深は右舷22m前後、左舷16m前後、船底は33m前後にあります。沈んだ理由は戦争中の攻撃ではなく、大戦後に防波堤の建設にともない意図的に沈められたと言われています。このように歴史や背景を知ることで冒険心がさらにかき立てられるというのもレックダイビングの面白さのひとつではないでしょうか。



0916_AmericanTanker-1.jpg
沈船アメリカンタンカーの船首を斜め上から見下ろした光景。
その巨大さはダイバーと比べると一目瞭然です。



アメリカンタンカーはアプラ湾の防波堤沿い右側にありますので、ボートに乗船して向かいます。港へはタモンエリアから車で約30分、ポイントまでは港からボートで約15分ほどです。湾内のため外洋ほどの透明度はありませんが、日によっては25mも透明度があることもあります。通常の透明度は平均10m〜15mといったところでしょうか。エントリーは、潜降ロープを伝ってゆっくりと降りていきます。ロープ下の水深は16m前後です。この潜降ロープはボートと海中を結ぶものですが、海中のロープの先端は直接アメリカンタンカーの左舷につながっています。潜降を始めるときは沈船の影すら見えませんが、下へ降りていくうち徐々に船体が見えてきますので、それとともにテンションが上がってきます。



0916_AmericanTanker-2.jpg
船の側面をじっくり眺めながら移動しているところ。
水中で見る巨大な人工物はなぜか神秘的に見えます。



0916_AmericanTanker-3.jpg
船室の入り口から船内を覗いているところ。
大きめの船室がいくつかあり中に入ることができます。



0916_AmericanTanker-4.jpg
船室の天井から光が差し込んでいる様子。
光のシャワーが美しいですね!



0916_AmericanTanker-5.jpg
船内には細かい塵がたくさん積もっていますので、
フィンでバタバタせず中性浮力をキープするのがポイントです。



0916_AmericanTanker-6.jpg
ダイバーのシルエット。
光と影のコントラストが幻想的です!



アメリカンタンカーの代表的な船室は3つほどあり、中でも1番大きなものは船尾側にあります。3階建てですので各階をじっくり見てみるのもいいでしょう。船室の外側上部には星条旗がつけてあります。これはご愛嬌として故意につけたものですが、ここを潜るダイバー達は記念に国旗と一緒に写真を撮るのがお約束となっています。



0916_AmericanTanker-7.jpg
コンクリートでできた3階建ての大きな船室。
最上階はかつて遠くを見るための展望室だったのでしょうか。



0916_AmericanTanker-8.jpg
記念にと、星条旗を広げ記念撮影するダイバー達。



0916_AmericanTanker-9.jpg
甲板から船の下方へのびる長い長いハシゴ。
吸い込まれそうな暗がりに背筋がゾクゾクします。



0916_AmericanTanker-10.jpg
ひとなつこいハタタテダイも私たちと一緒についてきます!



アメリカンタンカーは沈船以外も充実しており、防波堤付近の浅場へ移動すると、珊瑚の森が一面に広がる癒やし系ダイビングも楽しむことができます。この珊瑚エリアは沈船周辺より水がクリアなことが多く、透明度が20m以上あります。それというのも防波堤の向こうが外洋のため、外洋のクリアな水がここへ流れ込んできているためです。



0916_AmericanTanker-11.jpg
沈船から少し移動すると美しい珊瑚の森があり、
まるで森林浴してるかのような爽快さを味わえます。



0916_AmericanTanker-12.jpg
ミクロネシアの固有種のクマノミ、
ダスキーアネモネフィッシュも浅瀬で見ることができます。



アメリカンタンカーを潜るにはCカードと呼ばれるダイビングの認定証が必要です。船室内は比較的明るいので、沈船にありがちな恐怖感はほとんどなく、初心者ダイバーでも安心してレックダイビングが楽しめるポイントですが、閉所恐怖症の方は船室へ入るのを避けたり、船室に長時間いないようご自身で調整してください。また、暗がりに生息する生物を観察するのがお好きな方は、水中ライトを携帯されることをオススメします。レアな生物に出会えるかもしれません。ストレスなくダイビングを楽しむために、ダイビング前にはガイドさんのブリーフィングをしっかりと聞いておきましょう。もしもに備え、船室内ではぐれてしまった場合の集合場所を聞いておくと安心します。決してひとりで勝手な行動をとることのないよう気をつけ、レックダイビングを楽しんでください。



更新: サニーマン サニーマン / カテゴリ: アクティビティ インフォメーション スポーツ デイリー 自然
このページトップへ
プロフィール
サマーガール
サマーガール
グアム在住年数:
15年

グアムの一番好きなスポット:
ビーチフロントのバー
ローカルのリズムで南国ライフをひたすらエンジョイ中!小さな島のあちこちに出かけ、新しいグアムを日々発見。ツーリストの方でも暮らす気分で楽しめるとっておきのスポットやイベントを中心にご紹介します。

チャモリータ
チャモリータ
グアム在住年数:
7年

グアムの一番好きなスポット:
南部の海が見えるレストラン
ローカルライフを楽しみつつ、時にはツーリスト気分に戻ってグアムを満喫しています。みなさまにはさまざまな視点からユニークな情報をお届けいたします。どうぞよろしくお願いします。

ロコニーズ
ロコニーズ
グアム在住年数:
約1年半

グアムの一番好きなスポット:
TuRe' Cafe
訪れる度に新しい魅力を発見できるグアムの虜になり、遂には住むまでに。今は南国グアムのスローライフを満喫中!暮らしの中から得る情報、ローカルだからこそゲットできるコアな情報を発信していきます。

アイランド・ママ
アイランド・ママ
グアム在住年数:
3年

グアムで一番好きなこと:
夜のビーチで波の音をきく
どこまでも続く青い空と海のような、広い心のグアム人に癒されて毎日を過ごしています。子どもから大人まで楽しめる、グアムにしかない魅力をワクワク体験や、面白い情報と一緒にお届けします。

グアムフードラバー
グアムフードラバー
グアム在住年数:
13年

グアムの一番好きなスポット:
ジェフズパイレースコーブ
グアムで美味しいものを見つけることに夢中!週末は子供とアクティブに遊びながら、たくさんのグアムの自然に癒されています。子供と一緒に楽しめるグアムをたくさんみなさまにお伝えしていきたいです。

サニーマン
サニーマン
グアム在住年数:
7年

グアムの一番好きなスポット:
マリアナブルーの海
体を動かすことが好きなので、主にスポーツ、アウドドア、アクティビティなどの情報を体験を通じて皆さまにお届けしていきたいと思います。よろしくお願いします!!

りひゃん
りひゃん
グアム在住年数:
1年

グアムで一番好きなこと:
気心知れた仲間とのビーチBBQ
人見知りの破天荒女です。ロコスタイルやローカルライフに興味があり、珍しい食べ 物でも平気で食べるチャレンジャー。チャモロ一家に嫁いだ嫁として、グアムのコアな情報をお届けします!

最新の記事
2017/03/10
3月はチャモロ文化を見つめ直す月、『チャモロ月間』
各ホテルでもチャモロイベントを開催中です
2017/03/10
起伏にとんだ未舗装の道をバギーで駆け抜けよう!
冒険心くすぐるオフロードアドベンチャー
2017/03/10
本格的な味に感動
チャーリーズ フィリーステーキ
2017/03/03
グアムローカルから絶大な支持!
ポキフライ
2017/03/03
グアムのショッピングシーンにも
春の新作が続々登場!
2017/03/03
グアムで食べるアジアのご馳走
ベトナム料理もおすすめです!
2017/02/24
今年も!そして今年こそ!グアムのランイベント参加!
ユナイテッド・グアムマラソンまであと43日!
2017/02/24
T-CAT にカフェがオープンして
ますます便利になりました!
2017/02/24
愛をテーマに開催中
ラブ ライト パーク
2017/02/17
グアムプラザリゾート&スパにグリルレストランがオープン!
まずはランチを体験!
カテゴリ
New Spot
アクティビティ
イベント
インフォメーション
ウエディング
エンターテイメント
キッズ
キャンペーン
グルメ
グループ
シニア
ショッピング
スポーツ
デイリー
ビューティー
ペット
ホテル
史跡
山・空
文化
自然
バックナンバー
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月