グアム政府観光局
2019/03/29 Fri
小さい規模でも貴重な資料が豊富!
太平洋戦争博物館で平和の大切さを知ろう
毎年多くのツーリストの方々が訪れるグアム。澄み渡った空に海がとても美しく、緑豊かな南のパラダイスと言われています。そのパラダイスにも、実は暗く辛い歴史があるのをご存知ですか?グアムは第二次世界大戦中、アメリカと日本の両軍が激しい陸地での戦いを繰り広げた場所でもあるのです。そのため、島内にはいくつかの戦跡をみることができます。今日ご紹介する太平洋博物館(Pacific War Museum)もその中の一つです。



0329_PacificWarMuseum-1.jpg
外観をみるだけでは大きさが予測できないコの字型の博物館。
建物裏に並ぶ、たくさんの軍車両は必見です!



太平洋博物館は元アメリカ軍人のジョン・ガーバー(Jonh Gerber)氏が収集したものを中心に展示しています。現在は非営利団体として開館し運営されています。ハガニア地区とアサン地区のちょうど境目にあるニミッツヒルというところに位置し、タモン地区からは車で25分ほど。レンタカーやタクシー、またはツアーなどで足を運ぶことができます。



0329_PacificWarMuseum-2.jpg
館内前、駐車場から見える当時の車両と機関砲。



0329_PacificWarMuseum-3.jpg
正面入り口には芳名録があります。
ご自由に記入してくださいね。



さて、入館料を大人3ドル、子ども2ドルを払った後は自由に見学できます。正面入り口から向かって右側は日本軍についての資料や遺品が展示され、左側はアメリカ軍のものが保管されています。



0329_PacificWarMuseum-4.jpg
館内は物品セクションと、その他に写真セクションがあり
小さい規模ながらも多くのものが展示されています。
日本語の説明書きもあります。



0329_PacificWarMuseum-5.jpg
写真は1944年のアメリカ軍攻撃が始まる前のハガニア地区(上)と
爆弾投下後の写真です。(下)



展示物や写真から戦争の激しさが学べます。今現在のグアムからは想像もつかないような風景や遺留品などが残っています。



0329_PacificWarMuseum-6.jpg
こちらは第二次世界大戦に使っていた機関銃の弾砲。
グアムのジャングルでは、今でも弾砲を発見することがあるそうです。



日本側とアメリカ軍の資料を見比べて感じるのは平和の大切さです。本当にたくさんの命が犠牲になりました。ガーバーさんは戦争を知らない世代の私たちに太平洋博物館の展示を通して多くのことを学んで欲しいと語っていました。

一通り見学した後、今回一緒に博物館見学をしたグアム育ちの子ども達に、何が印象的だったかをインタビューしてみました。戦争の残酷さ知って怖いという意見の他に、興味深い返事が返ってきて驚きました。それは、「日本軍とアメリカ軍の使用していた食器や武器が同じ目的でも若干違っていた!」ということでした。話を聞いて、もう一度展示を見比べたところ、本当です!面白いほど違っていました。



0329_PacificWarMuseum-7.jpg
例えばこちら、アメリカ軍人が使用していた食器、ナイフとフォーク。



0329_PacificWarMuseum-8.jpg
日本軍人側では飯ごうが残っており、
両国の文化の違いがわかります。



0329_PacificWarMuseum-9.jpg
そして、兵隊が身につけていた護身用ナイフ。
こちらはアメリカ軍人が使用していた短剣に対し、



0329_PacificWarMuseum-10.jpg
日本軍人のナイフは刀型の長いタイプが主流だったようです。



博物館では、見る人によって様々な発見や感じ方があります。太平洋博物館に来館した人々は、戦争をどう感じ取るのでしょうか。

さて、次は館内裏にある展示を見てみましょう。大砲、車両、そして航空機など大型のものが並びます。



0329_PacificWarMuseum-11.jpg
写真は爆撃を受けた日本軍の戦闘機
激しい戦いの跡が伺えます。



0329_PacificWarMuseum-12.jpg
こちらは実際に使用していたアメリカ軍車両を後ろからみたもの。
迫力満点の車両に乗って、記念撮影もできます。



0329_PacificWarMuseum-13.jpg
こちらは運転席。外からの攻撃から身を守るため、
装甲が厚く、中はとても狭くなっています。



写真でご紹介した以外にも、メダルや国旗などが展示され、太平洋戦争博物館は、小さい規模でも貴重な資料が豊富です。 戦跡巡りに興味がある方、また平和学習などに役立てたい方におすすめの観光スポットです。南のパラダイスに刻まれた歴史を振り返る場所として、どうぞ足を運んでみてください。



<インフォメーション>

施設名:太平洋戦争博物館(Pacific War Museum)
営業時間:10:00AM~4:00PM
定休日:なし
入館料:大人3ドル、子ども2ドル(6~12歳)、5歳以下無料
住所:6th St, Hagatna, 96910 グアム
ロケーション:マリン・コア・ドライブから6号線に入る
電話番号:477-8355



更新: アイランド・ママ アイランド・ママ / カテゴリ: アクティビティ キッズ グループ シニア 文化
このページトップへ
プロフィール
サマーガール
サマーガール
グアム在住年数:
15年

グアムの一番好きなスポット:
ビーチフロントのバー
ローカルのリズムで南国ライフをひたすらエンジョイ中!小さな島のあちこちに出かけ、新しいグアムを日々発見。ツーリストの方でも暮らす気分で楽しめるとっておきのスポットやイベントを中心にご紹介します。

チャモリータ
チャモリータ
グアム在住年数:
7年

グアムの一番好きなスポット:
南部の海が見えるレストラン
ローカルライフを楽しみつつ、時にはツーリスト気分に戻ってグアムを満喫しています。みなさまにはさまざまな視点からユニークな情報をお届けいたします。どうぞよろしくお願いします。

ロコニーズ
ロコニーズ
グアム在住年数:
約1年半

グアムの一番好きなスポット:
TuRe' Cafe
訪れる度に新しい魅力を発見できるグアムの虜になり、遂には住むまでに。今は南国グアムのスローライフを満喫中!暮らしの中から得る情報、ローカルだからこそゲットできるコアな情報を発信していきます。

アイランド・ママ
アイランド・ママ
グアム在住年数:
3年

グアムで一番好きなこと:
夜のビーチで波の音をきく
どこまでも続く青い空と海のような、広い心のグアム人に癒されて毎日を過ごしています。子どもから大人まで楽しめる、グアムにしかない魅力をワクワク体験や、面白い情報と一緒にお届けします。

グアムフードラバー
グアムフードラバー
グアム在住年数:
13年

グアムの一番好きなスポット:
ジェフズパイレースコーブ
グアムで美味しいものを見つけることに夢中!週末は子供とアクティブに遊びながら、たくさんのグアムの自然に癒されています。子供と一緒に楽しめるグアムをたくさんみなさまにお伝えしていきたいです。

サニーマン
サニーマン
グアム在住年数:
7年

グアムの一番好きなスポット:
マリアナブルーの海
体を動かすことが好きなので、主にスポーツ、アウドドア、アクティビティなどの情報を体験を通じて皆さまにお届けしていきたいと思います。よろしくお願いします!!

りひゃん
りひゃん
グアム在住年数:
1年

グアムで一番好きなこと:
気心知れた仲間とのビーチBBQ
人見知りの破天荒女です。ロコスタイルやローカルライフに興味があり、珍しい食べ 物でも平気で食べるチャレンジャー。チャモロ一家に嫁いだ嫁として、グアムのコアな情報をお届けします!

最新の記事
2019/03/29
最もグアムらしいアウトドアイベントが今年もやってくる!
4月6日(土)、7日(日)開催 グアム リバーフェスティバルⅣ
2019/03/29
カトリック教徒の大切な祝日、イースター
今年は4月21日!
2019/03/29
小さい規模でも貴重な資料が豊富!
太平洋戦争博物館で平和の大切さを知ろう
2019/03/22
グアムの3月はチャモロ月間
各所でイベントを開催!
2019/03/22
グアムで運転をする際に
知っておきたい豆知識!
2019/03/22
グアム大学のオープンキャンパスイベント、チャーターデー
この機会にキャンパス内を見学してみよう!
2019/03/15
もっとおしゃれに美味しくなって移転リニューアルオープン!
カリフォルニア ピザ キッチン グアム
2019/03/15
子供と一緒にアウトドアムービーを楽しもう!
『ムービー・アット・ザ・ミュージアム』開催
2019/03/15
誰でも参加できるボランティア活動で、
グアムの海を守ろう!
2019/03/08
ヘルシーで美味しい中東料理をグアムで
セレンディブ ザ シャワルマ グリル
カテゴリ
New Spot
アクティビティ
イベント
インスタ映え
インフォメーション
ウエディング
エンターテイメント
キッズ
キャンペーン
グルメ
グループ
シニア
ショッピング
スポーツ
デイリー
ビューティー
ペット
ホテル
史跡
山・空
文化
自然
バックナンバー
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月