コンテンツへ移動

身近なところに先史文化遺産

グアム島を含むマリアナ諸島にはAC800年頃から約900年近くも続いたラッテと呼ばれる独特の巨石先史文化が存在しました。ラッテは断面が四角の石柱上に半球形の石を乗せた巨石構造物で2列に並び8個から12個で構成され、主に海岸線や河川筋に沿って並置されていました。これらは先住民チャモロの家屋の土台であったという説が有力です。
IMG_0232.jpg
1565年にメキシコからフィリピンへ向かうスペイン船の乗組員がマリアナ諸島に立ち寄った際に書き記した日記の中には、当時のチャモロ人の家屋の様子が次のように記録されています。

「彼らの家々は高く、上手に建てられ耐久性も高い。それらは地面から人ひとり分の高さの大きな石の柱の上に建てられていて、そのうえに床が敷かれている・・・中略・・・それらが彼らの眠る家である。」

ラッテのある家屋下には亡くなった家族の亡骸を葬る習慣があったため、周辺からは多くの人骨や装飾品も出土しています。ですから現代チャモロ人はラッテストーンやその場所には先祖の魂や精霊が宿っていると信じて敬意を払うのです。
ところで、これらのチャモロの先史文化遺産を見るには特別な観光地へ出向いたりジャングルへ入らなくてはならないと諦めていらっしゃる方はいませんか。実は観光客の皆さまが多く宿泊するタモンにもこのラッテストーンを見られる場所があります。

IMG_0240.jpg
ホテルニッコーグアムの敷地にあるラッテストーンもそのひとつです。自然を楽しめる自然散策道があり、そのコースの途中にはラッテストーンを気軽に見学できる場所があります。南洋の美しい植物や蝶と戯れながら、グアムの先史時代と人々の生活に想いを馳せてみませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。