コンテンツへ移動

魅惑のスイーツ満載!
グアムの文化をスイーツで表現するパティスリー グルメグアム

海外旅行での楽しみのひとつは、日本ではあまり食べる機会のないものを味わう食べ歩き。食事はもちろん、スイーツ好きな方なら思いっきり観光を楽しんだ後、カフェやレストランで甘い物を食べてリフレッシュという行動はあたりまえなのかもしれません。グアムにはグアムでしか食べられないユニークなスイーツから、アイスやケーキなど定番のスイーツまで勢揃い。いつでも気軽にスイーツが食べられます。さて、今回はグルメグアム(Gourmet Guam)というローカル御用達のケーキ屋さんをご紹介します。

0810_Guam Gourmet-1.jpg
甘い香りが広がる店内には
アメリカンなものからグアム風にアレンジされた
スイーツがいっぱい!

店内に入ると、「ハファ・デイ!」(グアムの言葉、チャモロ語で「こんにちは!ようこそ!」の意味)と明るく声をかける店員さんが迎えてくれます。フレンドリーな接客、お客様のニーズに応える姿勢、そしてスイーツの出来栄えがグルメグアムの最大の魅力でしょうか。お客さまがひっきりなしに足を運ぶお店となっています。

0810_Guam Gourmet-2.jpg
グアムプレミアアウトレット(Guam Premier Outlets)敷地内にあり
アイホップ(IHOP)のある倉庫のような大きい建物の地下1F、
パイオロジー(Pieology)の真下にあります。
こちらの店舗を構えたのは2018年ですが、その3年ほど前にカラフルなポップコーンを地元のスーパーマーケットやお土産品店などに卸売販売し始めたことからスタートをしたグルメグアム。小規模からのスタートでしたが、今ではメキシコ料理レストランのカルメンズ・チャチャチャ(Carmen’s Cha Cha Cha)や地元のファミリーレストラン、リンダズコーヒーショップ(Linda’s Coffee Shop)、海の眺めが素敵なトゥレ・カフェ(tuRe Café)など多くのレストランやカフェのケーキやその他のスイーツを担当しているそうです。
0810_Guam Gourmet-3.jpg
ピーカンタルトやアーモンドクッキーなどの
小さなおもてなしアイテムに最適なスイーツが陳列されています。
0810_Guam Gourmet-4.jpg
また、ミニケーキに、パイやプリンなどのスイーツまで。
オリジナルレシピはなんと全部で80種類ほどあるそうです。
0810_Guam Gourmet-5.jpg
こんな可愛いケーキも
注文予約を入れると作ってくれます。
店頭に並ぶスイーツの他に、お客様からの要望があればスペシャルオーダーとして何でも作ってしまうというオーナー。実はケーキ職人として正式なトレーニングは受けていないのだそう。周りの人を喜ばせたい気持ちと、美味しいスイーツが食べたいという気持ちから、お店をオープンする前から自己流でケーキを焼き続けた結果、ビジネスを設立するまでになったというから驚きです。スイーツの質や味はプロ顔負けの美味しさで、その順応性抜群の腕前は地元の人から評価されています。
0810_Guam Gourmet-6.jpg
オーナーのディエゴ(Diego)夫婦。
チャモロのおもてなしの心、
「おいで!一緒に食べよう!(Come N’ Eat)」がモットー。
人を喜ばせたいという思いは今も変わらず健在で、私が初めてお店に足を運んだ時には、「日本人ならこれが好きでしょう」とスタッフの一人からミニシュークリームの試食を頂きました。必ずではないですが、出来るだけ頻繁に試食する機会をお客様にお届け出来るようスタッフに伝えてあるのだとか。
0810_Guam Gourmet-7.jpg
日本人好みの美味しいミニシュークリーム。
グアムではシュークリームのことを
クリームパフ(Cream Puff)と呼びます。
0810_Guam Gourmet-8.jpg
ティラミス味のミニシュークリームや、
写真右上のレモンメレンゲタルトはお店の一押し商品。
どちらもミニサイズと通常サイズを販売中。
またホームメイド、手作り感を大切にしていきたいと甘すぎないスイーツを作っているのだとか。そのため製菓材料のひとつである砂糖を再結晶させてつくる砂糖のシート、または衣のようなフォンダンは使用しない方法でケーキを作ります。その製法だと昔ながらのクリームの味が楽しめるのだとか。さらにグアム風にアレンジしたケーキを店頭に並べ、グアムの文化を外国から来た人に知ってもらいたいと努力しているようです。
0810_Guam Gourmet-9.jpg
こちらはプリンとチョコレートケーキを一緒に焼き上げたスイーツ。
スペイン文化の名残のプリンとアメリカのケーキが合わさった独特なアイデア。
二層が別々に離れてしまわないよう、
今でもドキドキしながら特別に気合を入れて作る一品だそう。
0810_Guam Gourmet-10.jpg
こちらは大きな一切れが食べられない人や
色々な味を試してみたい人向けのミニケーキ。
写真右のトロピカルモイスト(Tropcal Moist)は
パイナップルが入った南国風ケーキ。
0810_Guam Gourmet-11.jpg
特製クリームとかぼちゃの味が優しい
パンプキンクランチ(Pumpkin Crunch)。
数あるパイの中でも人気なんだそう。
ぜひお試しください。
グアムの味を、グアムを訪れた方々に食べてもらうだけでなく、その味を故郷の人へ持ち帰ってもらい一緒に楽しんでもらえるようにと、お土産に適したスイーツも各種提供しています。過去にはミクロネシアに浮かぶ島、パラオ島で行われたウエディングの参加者へのプレゼントとして大量注文があったのだそう。小さな島グアムから海を渡って人々を幸せにするスイーツ。まさにオーナーが夢に描いていたようなグアム発スイーツとして世界へ飛び出す事例が、今後も増えるかもしれませんね。
0810_Guam Gourmet-12.jpg
小分け袋に包装されたお土産用スイーツ。
保存料が入っていないので
1~3日ほどで食べきるのがベスト。
グアム旅行の際は地元の人が愛するケーキ屋さん、グルメグアムをチェックしてみてくださいね。秋にはレインボー色で人気だったポップコーンを再発売するそうで、その他に3種類の新フレーバーを加える予定なんだそう。楽しみですね!また、グアムの味を旅行の思い出と一緒に持ち帰り、お土産話しと一緒に食べてみてはいかかでしょうか。
<インフォメーション>
店名:グルメグアム(Gourmet Guam)
営業時間:月曜日~金曜日8:00AM ~7:00PM、土曜日8:00AM~3:00PM
定休日:日曜日
住所:251 Chalan San Antonio, Ste.001, First Floor Tamuning, Guam 96913
ロケーション:グアムプレミアアウトレット敷地内
電話番号:989-4826

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。