コンテンツへ移動

ワンちゃんと一緒に走れるイベントレース、
動物保護のために走ろう!

ペットは家族の一員。愛くるしいペットに癒され、毎日を頑張れるという人もいるほどペットと一緒に過ごす生活はプライスレス。自分のやりたいことを大好きなペットと一緒にできたら最高!と考える人が日本やグアムを含め、世界中にいるのではないでしょうか。グアムでも日々の散歩だけではなくSUPヨガなどのアクティビティーを大好きなペットと一緒にする人を見かけることがあります。全米で最もランニングレースが多いと言われているグアムでは、走る距離はもちろん、レースのスタイルも多種多様です。10月14日(日)にワンちゃんと一緒に走るイベントが開催されましたので、その様子をレポートします。

1026_GAIN2K-1.jpg
ワンちゃん好きなら参加したくてたまらないレース、
“2ファースト2ファーリエスト”
ドギーラン(2 Fast 2 Furriest Doggy Run)

こちらの”2ファースト2ファーリエスト”と名前のついたレースは、映画「ワイルドスピード」の英語の原題名である”2ファースト2ファーリアス”にかけてつけられました。映画は車の速さを競うものでしたが、こちらはペットと一緒に走る速さを競います。ワクチン接種を済ませている成犬とであれば誰でも参加できます。もちろん、犬と一緒でなくても大丈夫です。

1026_GAIN2K-2.jpg
日曜日の朝に行われたこちらのレースは
大中小様々なサイズの犬と飼い主が参加しました。
実はこちらのレース、参加者による登録料の一部がグアムにある二つの動物保護施設へ寄付されることになっています。一つはゲイン(GAIN)と呼ばれる動物シェルターへ、そしてもう一つはスニップ(SNIP)と呼ばれる去勢手術を行うクリニックへ贈られます。グアム北部にあるゲインは主に里親探しを行っており、毎年たくさんの犬猫が新しい飼い主の元へ引き渡されています。このレースに参加した多くのワンちゃんがゲインで里親と出会ったことは言うまでもありません。
1026_GAIN2K-3.jpg
レース会場でも里親探しを行っており、
黄色のスカーフには “僕をもらってください!”
と書いてありました。
もう一つの寄付先の団体スニップでは、野犬や野良猫など厳しい環境で育つ動物を少しでも減らそうと、グアムに住む獣医の善意により長年無料で去勢手術が行われてきました。 自分のペットだけではなく、地域そして島全体に目を向けていこうというモットーを掲げる団体です。去年は1300匹以上の犬猫に手術をしたそうです。このレースで集めたお金は手術に使う器具や術後のケアに使われます。
さて、いよいよレースの始まりです。参加する全てのワンちゃんの安全のためにリーシュを付けて出発です。
1026_GAIN2K-4.jpg
通常のレースで感じられる緊張感というよりは
走るのが楽しみで仕方がないという雰囲気が広がります。
このレースではワンちゃんと共に走るランナーもいれば、ワンちゃんなしで走るランナーもいます。ペットを飼っていなくても動物愛護目的にサポートをする人、ただただ走るのが好きな人、この機会に可愛いワンちゃん達を見ながら走りたいという人など様々です。
1026_GAIN2K-5.jpg
自慢のワンちゃんを連れて、思い思いにレースを楽しみます。
小型犬を抱っこ紐で抱っこしながら走る人、
ベビーカーに子どもと犬を一緒に乗せて走る人もいました。
1026_GAIN2K-6.jpg
飼い主の側で嬉しそうに走る犬もいれば、
周りの犬に気をとられ、あたふたする犬もいて面白いです!
「あの犬は可愛いね。この犬は利口そうだね。」
と応援する人もおしゃべりがはずみます。
レース終了後は先着1000名の方にTシャツが配られ、お利口さんにゴールしたワンちゃん先着200匹にイベントのオリジナルバンダナがプレゼントされました。
1026_GAIN2K-7.jpg
バンダナの色はグアムの
透き通る海と光り輝く太陽をイメージさせる
ライトブルーとイエローです。
1026_GAIN2K-8.jpg
飼い主さんに助けてもらってバンダナをつけてもらいます。
どの犬もとっても誇らしげ!
1026_GAIN2K-9.jpg
レース終了後、参加者に無料で
リフレッシュメントと水が配布されます。
ワンちゃんにも水が用意されていました。
1026_GAIN2K-10.jpg
そして今年はホイップド・ホーム・ベイク・グッズ
(Whipped Home Baked Goods)という
地元ケーキ屋さんによるワンちゃん用のスナックが振舞われました。
1026_GAIN2K-11.jpg
英語で子犬のことをパピー(Puppy)またはパップ(Pup)といいます。
その言葉とかけてカプチーノではなく
「パップチーノ(Puppacinos)」。
また、カップケーキの犬バージョン
「パップケーキ(Pupcakes)」がありました。
ワンちゃんの体のことを考えて材料と味付けにこだわり、スナック全てを手作りしたというオーナーのジョーリーン(Jolene)さん。大好きなワンちゃんと美味しいスイーツが食べられるようにと犬用スナックを作ることになったのだとか。
さて、次に紹介するのはペット用のカラフルなリボンを販売していたファーン(Fawn)さん。地元ホテルのデザインを手掛けたり、ローカルのカフェで絵画イベントを行ったりするアーティストです。飼い犬が好きすぎて、出先にも一緒に連れていくそうです。
1026_GAIN2K-12.jpg
ポップで可愛らしいデザインのリボンが並びます。
自慢のワンちゃんに合うものを真剣に選んだ後は、
1026_GAIN2K-13.jpg
首周りのサイズを測り、取り外し可能なベルトをつけます。
可愛いペットが益々キュートになったと喜んでいました。
イベント後半は抽選でギフトチケットや賞品がプレゼントされ、レース上位者へメダルが渡される表彰式がありました。
1026_GAIN2K-14.jpg
捧げられたメダルは足型!
何から何までワンちゃんが中心です。
1026_GAIN2K-15.jpg
もちろん思い出の記念撮影は欠かせません!
旅行者の方もグアム旅行の記念に一枚どうでしょうか。
ワンちゃんによるワンちゃんのための、そしてワンちゃん好きにはたまらない、”2ファースト2ファーリエスト”ドギーラン。ランニングイベントが好きなグアムの人達だからこそ考え付くユニークなレースでした。ワンちゃんに引っ張られてタイムを更新した人や、周りにいるワンちゃんと思わず戯れてしまった人もいて、通常のレースでは体験できない面白さがあったようです。
グアムにはこのようなドギーランがあったり、カラースプレーをかけ合ったり、シャボン玉の中を走るレースがあったりと、日本とは少し違ったレースの楽しみ方があります。もちろん、走りを純粋に楽しむレースも行われていますので、グアム旅行の際に参加してみてはいかかがでしょうか。是非ローカルの人たちと一緒にグアム旅行の思い出を作ってみてください。
<インフォメーション>
イベント名:2ファースト2ファーリエスト ドギーラン(2 Fast 2 Furriest Doggy Run)
グアムのランニングレース情報は下記のサイトを参考にしてください。
グアムランニングクラブ(Guam Running Club)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。