コンテンツへ移動

ドライブ途中の空腹時に
グアム産マンゴーの入ったタコスを食べよう!

一年中暖かいグアムですが、微妙な温度と湿度の変化によって、咲く花々や作物に少し変化が見られます。毎年5月や6月に実をつけるフルーツはマンゴーやアボカドです。マンゴー村として知られているのはグアム島南部にあるアガット村ですが、マンゴーを使用したメキシコ料理を提供する、タコ・シャック(Taco Shack)というレストランがありますので、今回はこちらを紹介します。

0517_TacoShack-1.jpg
グアムの海をイメージさせるライトブルーの建物
メキシカンドクロマークの看板が目印のタコ・シャック。

お店や料理の紹介をする前に、ここでメキシカンドクロの説明をします。2018年に公開された、日本の「お盆」に当たるメキシコの「死者の日」をテーマにした、ディズニー映画の「リメンバーミー」をご覧になった方なら理解されているかも知れませんが、メキシコではドクロといっても怖いイメージはなく、亡くなった大切な人が死者の世界から外出する時に化粧をし、着飾っていることを示すマークなのだそうです。

0517_TacoShack-2.jpg
ドクロマークが一見怖く近寄りがたいですが
フレンドリーな店員さんと美味しいメキシコ料理の
お店ですので安心してくださいね。
タコ・シャックはグアム南部の村々をつなぐ4号線沿い、モービルガソリンスタンド横に位置しています。グアム南部のドライブ途中で空腹を覚えた時に気軽に立ち寄れる場所となっています。
0517_TacoShack-3.jpg
マリン・コア・ドライブを南下し、
陸海軍基地前を通り過ぎると
自然に4号線に変わります。
ひたすら真っ直ぐ走ります。
店内スペースはなく、どこか海の家をイメージさせる店構えのタコ・シャック。店の外にあるスペースで食べるか、またはテイクアウトができます。
0517_TacoShack-4.jpg
四人掛けのテーブルが4つ。
ランチタイムは混み合います。
0517_TacoShack-5.jpg
気になるメニューですが、タコス、
キャサディア、ブリートーの3つと
アペタイザーのチップス&サルサを用意。
それぞれのスタイルに、カルネアサダ(ステーキ肉)、ビーフブリスケット(牛バラ肉)、カーニタス(ポーク)、シュリンプ(海老)、フィッシュ、ベジタブル、ヴィーガンと8種類の具材が選べるようになっています。
0517_TacoShack-6.jpg
ここでオーダー(Order Here)と書かれた窓口で
注文した後は、料理を待ちます。
0517_TacoShack-7.jpg
こちらはカルネアサダタコス$4と
フィッシュタコス$5
お野菜オンリーのベジタブルタコスや
ヴィーガンタコスにすると$4
0517_TacoShack-8.png
こちらはカーニタス(ポーク)入りケサディア$8.50
0517_TacoShack-9.jpg
こちらはブリートー。ベジタブル、
ヴィーガン、その他のお肉だと、どれも$10
フィッシュとシュリンプのみ $12
0517_TacoShack-10.jpg
受け取った料理にお好みのソースをかけて
食べるのがタコ・シャック流。
どのソースもオリジナルで美味しいですよ。
ここタコ・シャックでは、マンゴーの季節になるとどのメニューにもマンゴーがたっぷり入っています。食事にマンゴーなんて合うのかな?と思った方は騙されたと思って食べてみてください。意外な組み合わせですが、スパイスとさっぱり爽やかな甘さがよく合いますよ。
0517_TacoShack-11.jpg
具材の中に見える黄色いものがマンゴー。
0517_TacoShack-12.png
マンゴーがたっぷり!
アガット村特有のメニューです。
日本ではなかなか味わえないグルメが楽しめるグアム。グアム島、南部ドライブの際はグアム産のマンゴーをたっぷり使用したタコ・シャックのメキシコ料理に挑戦してみてください。もちろん、リクエストをすれば、マンゴーなしでも調理してくれますので、マンゴーが苦手だという方も気軽に足を運んでみてください。
※記事内の料金は2019年5月17日現在のものです。
<インフォメーション>
店名:タコ・シャック(Taco Shack)
営業時間:10:00AM~3:00PM(月曜日~金曜日)、10:30AM~6:00PM(土曜日、日曜日)
定休日:なし
住所:Route2,Agat, Guam 96911
ロケーション:アガット地区2号線沿い、モービルガソリンスタンド隣
電話番号:969-8226

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。