コンテンツへ移動

ダンスにフード、民芸品!今年もやってきました
グアム・アイランド・ミクロネシア・フェア

グアム、北マリアナ諸島、パラオ、ミクロネシア連邦(ヤップ、チューク、ポンペイ、コスラエ)などを有する太平洋上のエリア、ミクロネシア。ここにはたくさんの素晴らしい自然があり、そして独特の地形や生態環境、言語や文化があります。
そんなグアムを含めたミクロネシアの島々に息づく豊かな文化や伝統を紹介する恒例イベント、グアム・ミクロネシア・アイランド・フェア(Guam Micronesia Island Fair)は今年で31回目の開催を迎え、たくさんのミクロネシアの魅力を紹介しています。今年は”Celebrating Peace & Friendship in the Pacific” (太平洋諸島での平和と友好を祝おう) をテーマに、5月29日(水)~6月2日(日)の5日間に渡って開催されます。そして前年度とは開催場所が変わり、また新たな楽しさが期待できそう!
グアムの人々も毎年楽しみにしているこのイベント、ハガニアという比較的ツーリストの方でも行きやすい場所での開催ですので、是非この時期にグアムにお越しの方は、グアム・アイランド・ミクロネシア・フェアへ足を運んでみてください!
0524_IslandMircronesiaFair-1.JPG
各国のパフォーマンスやダンスを見られるのも
このイベントの楽しみの一つ。
0524_IslandMircronesiaFair-2.JPG
ここ数年はグアムの首都ハガニア(Village of Hagatna)地区で
開催されています。
会場には各国や島の専用ブースが用意され、
その土地の国旗や島旗が飾られ
来場者が分かりやすく楽しめるようになっています。
0524_IslandMircronesiaFair-3.JPG
普段見ることのない色々な地域の衣装や楽器、
そしてその地域の人と触れ合うことができます。
この島で活躍するアーティスト達も自らの作品を展示販売しています。
0524_IslandMircronesiaFair-4.JPG
こちらはグアムのガラス細工アーティスト、
マーク・ミュラー氏(Mark Murer)とその作品。
グアムの自然を描いた彼の作品は全てガラス素材で、
この島に魅せられた彼独特の感性が光る作品が並びます。
0524_IslandMircronesiaFair-5.JPG
グアム伝統のネックレス「シナヒ」。
ペンダントヘッドとなる部分は三日月型をしており
ジャイアントクラムという貝を削って作られることが多いそう。
自然を崇拝し、自然と共に共存するチャモロの文化が
アクセサリーからも垣間みられます。
0524_IslandMircronesiaFair-6.JPG
マーシャル諸島(Marshall Islands)の花をモチーフにした
ヘアーアクセサリーなどが並びます。
マーシャル諸島では手工芸品は総じて
日本語の編物から由来する言葉で「アミモノ」と呼ばれており、
島の女性によって全て手作業で作られています。
技術に優れ高品質で知られています。
0524_IslandMircronesiaFair-7.JPG
会場にはたくさんの郷土料理や
グアムで人気のフード店が出店をしています。
0524_IslandMircronesiaFair-8.JPG
ミクロネシアの島々にはそれぞれに伝わる
伝統のダンスがあります。
衣装は花や葉で飾ったり、
ハイビスカスの繊維からできたスカートを着用する地域も。
座り踊りや立ち踊りなどダンスの種類もさまざまです。
0524_IslandMircronesiaFair-9.JPG
会場には毎年子供達が楽しめるアトラクションも用意されています。
0524_IslandMircronesiaFair-10.JPG
昔車がなかった時代、畑を耕したり重いものを運んだりと
グアムの人々の生活に無くてはならない存在だったカラバオ(水牛)。
今ではグアムを代表する動物として町の至る所でカラバオの像を見られます。
そんなカラバオライドが体験できますよ。
0524_IslandMircronesiaFair-11.JPG
昨年はグアムのロカールブランド、オペイク(Opake)も出店していました。
0524_IslandMircronesiaFair-12.JPG
この島の伝統的なカヌー作りや
航海術についてのデモンストレーションを行っているブース。
0524_IslandMircronesiaFair-13.JPG
国や島々の文化や伝統を楽しんだら
冷たいビールで一日を閉めましょう。
会場の近くにも大人気のプロア(Proa)レストランなど
ハガニア地区にはたくさんの人気レストランが点在します。
今年は場所を移して、ハガニア地区の中心にあるスパニッシュ広場(Plazade Espana)での開催。スペイン統治時代には総督邸が置かれていた場所で、太平洋戦争によってほとんどの建物が破壊されてしまいましたが、その後、建築物は復元され、2013年には老朽化していた箇所がリニューアルされるなど、今では美しい自然と共にハガニアの観光名所、地元の人々の憩いの広場となっています。
0524_IslandMircronesiaFair-14.JPG
広場の隣にはハガニア大聖堂
(Dolce Nombre de Maria Cethedral Basilica)、
向かいにはグアムミュージアム(Guam Museum)、
裏側にはラッテストーン公園(Latte Stone Park)
と、グアムを代表する観光スポットです。
さて今年はどんなミクロネシアの文化や伝統、パフォーマンスに出会えるでしょう。開催初日の水曜日にはチャモロビレッジのナイトマーケットも開催されます。ここグアムでしか味わえないグアム・ミクロネシア・アイランド・フェアをぜひお楽しみください。
<インフォメーション>
イベント名:(Guam Micronesia Island Fair)
会場:スペイン広場 (Plaza de Espana)
開催日:5月29日(水曜日)~6月2日(日曜日)
時間:10:00AM~9:00PM   最終日~6:00PM
ロケーション:ハガニア地区、マリン・コー・ドライブ、1号線より道一本山側へ入った通り
主催:グアム政府観光局 (Guam Visitors Bureau)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。