コンテンツへ移動

ホテルロードをジョギング!

コロナウィルス感染症の流行によりグアムでも発令された3月20日から始まったロックダウン。ほとんどの学校は3月16日から休校となり、さらに公共の公園やビーチなども閉鎖となりました。街には車も少なく、人々は買い物などの不要不急の用事以外ではできるだけ外出を避け静かにこの時を過ごしているようです。
もう少し続くグアムのロックダウンですが、幸いにも個人で行うジョギングなどは禁止されていないので、安全に少しでも運動不足とストレス解消しようと、多くのホテルが建ち並ぶホテルタモン地区のホテルロードにジョギングへ行ってみました。

パッと見いつものホテルロードと変わらなく見えますが、
ロックダウンの要請によりショッピングセンターやブティックなどは全てクローズ。
車も極端に少なくて驚きました。
今日ははグアムリーフホテル(Guam Reef Hotel)よりスタートしました!

この辺りはレストランやカフェ、バーなどが多く立ち並ぶ場所。
普段は多くのツーリストやローカルの人で賑わいます。
ロックダウン後レストランやカフェなどの飲食店は店内での飲食は一切停止となり、
持ち帰りの営業のみとなりました。

私自身はホテルロードでジョギングやウォーキングをすることはありませんが、
普段は多くの人がジョギングやウォーキングを楽しんでいます。
暑い日中を避けて早朝や夕方にする人が多く、ランニング用ベビーカーに赤ちゃんを乗せてジョギングをする人や、最近ではツーリストのランナーもよく見かけました。

車では毎日通るホテルロードですが歩くことはあまりありません。
走りながらも色々目に留まります。
異国情緒あふれるスポット発見!
可愛いピンクの花の向こうのウッドデッキにはタイのタクシー「トゥクトゥク」があります。
ここは地元で大人気、バンタイというタイレストランです。

まだまだホテルロードを南下し走ります。(途中何回も歩いています!)
写真にはあまり映っていませんが結構たくさんの人がジョギングやウォーキングに来ています。
政府観光局が設置しているパトロール隊が徒歩や自転車で見回っているのでとても安心感がありました。
もちろん普段もパトロールをしてくれています。

ホテルが立ち並ぶこの通りにもこんな樹々がありました。
初めて行ってみたこの場所はパシフィックスターリゾート&スパ(Pacific Resorr & Spa)の敷地横にあるホテルロードからビーチへ抜ける道です。

チャモロフュージョン料理を提供する人気レストランプロアの横にあるI ♥ Guamと描かれたバスストップ。
普段は地元の学生のスクールバスのバス停として使用されています。
今日はちょっと一休みに使わせてもらいました!

一体どれくらいの距離を歩いたのでしょうか。
今日はこの辺りでスタート地点のグアムリーフホテルへUターンしようと思います。
帰路はビーチをジョギングしながら戻ろうと決めていたのでイパオパークを通ってビーチへ。
海の綺麗な景色に癒されながらビーチのジョギングスタート!

木を模して作られたテーブルと椅子が可愛い。
フードやドリンクを持ってここでゆっくりと過ごすのもいいな。
ここは先ほどのパシフィックスターリゾート&スパの小道を抜けたビーチに出たところ。

ビーチにも目を留めるものがたくさんです。
(写真上)グアムの島花ブーゲンビリアと(写真下)ピンクのプルメリアです。

ビーチフロントには美しいチャペルも並びます。
白い砂浜と青い海、そしてタモン湾が一望できる小さくて可愛いチャペルが
ビーチジョギング中に4つもありました!

グアムリーフホテル前に到着した頃にはすっかり日も暮れサンセットタイム。
この日は少し雲が多かったのですが、綺麗なサンセットを見ることができました。
時期によって位置は異なりますが、タモン湾はサンセットを望むのに絶好のスポット。
水平線の向こうに沈む美しいサンセットを見に普段はたくさんの人がこの時間ビーチに訪れます。

ロックダウン期間中のグアム。人々は感染に気を付けながらソーシャルディスタント(人と1.8メートル以上の距離を保つこと)を十分に取りジョギングやウォーキングを楽しんでいる様子でした。
タモンを初めてジョギングして、是非観光で来られる方にも体験してもらいたいと思いました。やはり日中のグアムは暑いので、夕方涼しくなってからがお勧めです。
コロナウィルスの早い終息を願いながら、美しいグアムをお伝えしていけたらと思います。ビーチでも目を止めるものがたくさんです。