コンテンツへ移動

新型コロナウイルス感染予防のため
交通規制が実施されています

3月20日(金)から始まったロックダウン。日常生活に関わるビジネス以外のすべてがクローズし、人々が集まることは禁止。島民には外出禁止が要請されていますが、4月11日(土)から不要不急の外出を抑制することを目的に交通規制が実施されています。

交通規制は4月11日から毎日午前10時から午後10時まで。マリン▪コア▪ドライブなど島内の主要幹線道路の4箇所に交通規制地点を設け、警察官や国家警備隊員による外出先や外出目的の確認が行われています。外出に対する罰金や罰則はありませんが、ウイルスの感染を抑えるためできるだけ自宅で過ごそうという呼び掛けが行われています。

また、グアム政府は新型コロナウイルス感染症の専用ホットライン「311」を開設。感染が疑われる時など医療や治療に関する質問はもちろんのこと、ビジネスを休業せざる得ない経営者、勤め先の休業または労働時間の短縮による収入激減者、そして失業者など、このパンデミックにより影響を受ける人々のさまざまな質問を受け付けています。これにより少しでも人々の不安を和らげ、終息を早められればと思います。

感染者はまだ増加していますが、重症者は病院で治療を受け、軽症者はホテルで隔離。回復して元気に家族のもとに帰っていく人もたくさんいます。感染した方々の回復を願うと共に、一日でも早く日本からツーリストを迎えられるように願うばかりです。