コンテンツへ移動

いつもビーチを美しく!
島民数百人による清掃活動

8月1日 (土) 午前6時にグアム各地で一斉に始まった清掃活動。グアム政府が主催する「グアム アイランドワイド プライド ビューティフィケーション クリーンアップ (Guam Islandwide Pride Beautification Cleanup) 」です。タモンのビーチをはじめ、サンヴィトレスロード (ホテルロード) 、マリン コア ドライブなどで行われました。

グアム政府観光局の呼び掛けにより、イパオビーチ (Ypao Beach) 、マタパンビーチ (Matapang Beach )、 アルパンビーチ (Alupang Beach) に集まったのは島民数百名。この日は朝から天気が良く、朝日を見ながらの作業です。

イパオビーチでは砂浜付近まで流れついた海藻取りも行われました。大量の海藻は水遊びの邪魔になる他、自然環境にも良くないそう。ビーチにたくさんの海藻の山が出現!

この活動には各企業や団体も多数参加し、サンヴィトレスロード、マリン コア ドライブなどを担当。

この清掃活動、元々は6月末に予定されていました。7月1日からのツーリズム再開に向け、美しいビーチでツーリストをお迎えしようと企画されましたが、グアム島内での感染者増加により延期。ツーリズム再開時期はいまだ未定ですが、ビーチはこの1~2か月でローカルの人たちで賑わい始め、清掃活動が実施されました。

美しい海はグアムの宝。きれいで清潔な街も私たちが暮らす中で、ツーリストをお迎えする中で大切なこと。コロナが収束した際には、再び海外旅行のディスティネーションとしてグアムを選んでいただけるよう、美しいグアムを守っていきたいと思います。